東京情報WEB > 街と建築紀行 > 八重洲

現在の八重洲は、江戸城の城郭の外側に当たりました。この「八重洲」という町名は、ヤン・ヨーステンという人物に由来します。  1600年に九州に漂着したデ・リーフデ号に乗船していたオランダ人ヤン・ヨーステン・ファン・ローデンステインは、ウイリアム・アダムスとともに徳川家康によって用いられ、世界情勢を家康に解説しました。彼は外交や貿易の顧問として、日本名を「耶楊子」として幕府に仕え、日本人と結婚して現在の丸の内付近に屋敷を構えました。このことから、「ヤン・ヨーステン」が「ヤエス」と音訳され、やがてこの付近に架けられた橋が「八重洲橋」と命名されました。  
八重洲に設置されている
ヤン・ヨーステンの碑
明治時代に入り、現在の丸の内2丁目付近において「八重洲町」の名前が使用されるようになりましたが、中央停車場(現在の東京駅)ができた際、八重洲橋は撤去され、その後、再び架橋されましたが、結局、堀の埋め立てとともに橋はなくなっています。現在の「八重洲」という地名は、昭和29年になっていまの場所で使われるようになりました。  東京駅というと、丸の内側の赤煉瓦の駅舎が思い浮かびますが、この駅は中央停車場として大正3年に開業しています。今でこそ、東京の玄関口として、いわば東京の「顔」となっていますが、都内の主要駅としての開業は上野や新橋に比べてかなり遅いものでした。また、開業当時は丸の内側だけで、八重洲口は昭和4年になって開設されました。  現在、大丸デパートなどが入居している、鉄道会館は昭和27年に着工、29年に6階部分まで完成しています。そして、昭和43年に全体が完成した後、翌年には八重洲地下商店街が完成して、賑わいが増しました。

パシフィック・センチュリー
プレイス・タワー
  もともと八重洲界隈は、日本橋や京橋と接していて、官庁や兵屯所があった丸の内側よりも早くから人々の賑わいのあった地域でした。また、丸の内がオフィス街として発展した後は、商業地区としていっそう発展しました。  最近、丸の内側の再開発に押されて、やや印象が薄くなっていましたが、八重洲口の南側に2001年に開業しているパシフィック・センチェリー・プレイスをはじめとして、ここでも一連の計画が進行しています。
今後、最も早く竣工するのは、2003年秋の「丸の内1丁目八重洲プロジェクト」です。地上19階地下3階のこのビルは、延床面積が約65,200uにのぼる森トラストによる再開発事業です。  このほかにも、現在の鉄道会館を撤去し、その跡地に2つの超高層ビルを建設する計画も進行しています。この計画については詳細は未定ですが、40階建のオフィスビルが南北に2棟計画されています。  また、これとともに、都営浅草線の東京駅接着の計画も進められています。これは、現在、日本橋から京橋に走っている都営浅草線のルートに新ルートを追加して、東京駅直下に新駅をつくろうという計画です。これが実現すると、東京駅と羽田・成田が鉄道でつながることになります。  東京都の都営浅草線についての「検討調査結果のとりまとめ」によれば、八重洲地区の再開発と一体のものとして建設を行うことが最有力案とされており、この場合、地上のビル建設などの再開発ともに事業が進むことになり、八重洲の様相も一段と変化することになりそうです。

街と建築紀行
新橋界隈
八重洲
上野
秋葉原
まちづくりと建築
建築家・橋本文隆氏:同潤会へのオマージュ
中野区・豊川士朗氏:まちづくりへの提言(第一話)
中野区・豊川士朗氏:まちづくりへの提言(第二話)
中野区・豊川士朗氏:まちづくりへの提言(第三話)
中野区・豊川士朗氏:まちづくりへの提言(第四話)
交通システム
東京の鉄道の黎明
東京の地下鉄(第一話)
東京の地下鉄(第二話)
新交通システム
私説・都市辞典
都市景観・美観論争