東京情報WEB > 交通システム > 東京の鉄道の黎明

日本に初めて鉄道が敷設されたのは明治5年(1872)、新橋〜横浜間であることは有名です。この鉄道はもちろん、国策として建設が進みましたので、いわゆる国有鉄道でした。しかし、その後の東京周辺の鉄道建設は民間企業によって進められています。明治10年代は、こうした民間の鉄道会社が相次いで新路線の建設を開始しており、日本の鉄道の黎明期にあたります。  代表的な路線としては、甲武鉄道が現在の中央線を、日本鉄道が山手線や高崎線の一部を、そして総武鉄道が総武線の一部の建設を進めており、明治28年(1895)当時には、秋葉原や東京駅付近を残して、おおむね現在の形に近いものになっています。  
明治28年当時の
主な鉄道路線

■中央線の延伸
これらの鉄道のうち、中央線にあたる甲武鉄道線は、明治19年(1886)に馬車鉄道としての免許がおり、翌年から新宿〜立川間の建設が開始されています。当初は、甲州街道か青梅街道に沿って建設される予定でしたが、街道沿いにあった宿場町住民の激しい反対にあってこれらのルートは頓挫し、結局、両街道の間を東進するルートとなりました。このころの中野〜立川間は、武蔵野の森が広がり、鉄道建設にとっての障害となる山や川がほとんどなく、またこのルート上の地主や住民の協力が得られたため、ほぼ直線でレールが敷かれています。こうして新宿〜立川間(27.2km)は明治22年(1889)に開通して、1日4往復の運転を開始しました。現在の中央線の原型の誕生です。
甲武鉄道は、この後、市街線としての延伸を開始しました。ところが、このための用地取得には相当な困難があったようで、明治28年(1895)になって飯田町駅を開業しています。この駅は、現在の飯田橋駅と水道橋駅の間にあったもので、この飯田町駅と中野駅の間(10.9km)では、日本で初めて電車の運転が開始されており、いわゆる「国電」の先駆けとなっています。この飯田町駅は、しばらくの間甲武鉄道の始発駅として運用されていましたが、飯田橋駅の開業とともに、貨物駅として使用されるようになり、都心の物流の拠点として機能してきました。その貨物駅も平成11年3月をもって廃止されています。
この飯田町駅跡地は約5haに上り、都心としては極めて大規模な土地であり、その利用については、JR貨物や国鉄清算事業団や東京都をはじめとして、学識経験者なども交えて慎重な検討がなされました。この結果、貨物駅廃止と同時に「千代田区飯田町土地区画整理組合」の設立が認可され、再開発事業が開始されています。
アイガーデンエア
  この再開発は平成15年の日建設計東京ビルの竣工をもってすべての建物建設を終えました。現在、この街区は「飯田町アイガーデンエア」として約28万uの床面積を有するオフィス街区に生まれ変わっています。主な建物として、JR貨物本社・大和ハウス本社ビル(地上23階)、ガーデンエアタワー&アイガーデンテラス(地上35階)、ホテルメトロポリタン・エドモント(地上14階)をはじめとして、7棟の高層ビルが建ち並んでいます。また、街並みの維持管理や、オープンスペースの管理は、ビル所有企業によって設立された「アイガーデンエア・タウンマネジメント協議会」が一体管理を行っています。

■甲武鉄道の国有化と万世橋駅
甲武鉄道は明治37年(1904)までに、御茶ノ水駅〜八王子駅間にあらかじめ予定されていた区間の全線を開通しています。国は、鉄道敷設とその管理を一元化する狙いから、明治39年(1906)に鉄道国有法を公布し、甲武鉄道もこの年の10月に国有化されました。国有化後も、中央線の延伸はさらに進み、明治45年には、万世橋駅が開業しました。  この万世橋駅は、飯田町駅や汐留駅と同様に、現在では廃駅となっていますが、交通博物館として跡地利用されているために、わずかにその面影を残しています。駅舎は、東京駅の設計も行った辰野金吾が行っており、デザインも東京駅と同じ赤煉瓦造の瀟洒なものでした。この万世橋駅も中央線の一大ターミナルとして、また都心部に開業した駅ということもあって、往時には1日に2万人の利用客を集めていました。これは上野や新橋、新宿駅に継いだ数で、都内でも有数の賑わいだったことがわかります。ところが、中央停車場(東京駅)が開業し、中央線がこの東京駅まで延伸された頃から利用客が減り始め、神田駅の開業によって客数がさらに激減しました。最終的には昭和18年(1943)に廃止されています。よく知られていますが、現在では交通博物館として、万世橋の駅舎の一部が利用されており、時折開かれる鉄道記念行事の際に、非公開の部分を見学することができます。
 
 
万世橋駅跡の交通博物館
この交通博物館は、昭和11年に「鉄道博物館」として開業していますが、昭和23年に現在の名称に改められ、その後、昭和27年には別館としてこの万世橋駅を改造して使用しはじめました。長い間、子供たちを中心に親しまれてきたこの交通博物館も、平成17年にさいたま市に「鉄道博物館」が開業することに伴って、閉鎖されることとなっています。

街と建築紀行
新橋界隈
八重洲
上野
秋葉原
まちづくりと建築
建築家・橋本文隆氏:同潤会へのオマージュ
中野区・豊川士朗氏:まちづくりへの提言(第一話)
中野区・豊川士朗氏:まちづくりへの提言(第二話)
中野区・豊川士朗氏:まちづくりへの提言(第三話)
中野区・豊川士朗氏:まちづくりへの提言(第四話)
交通システム
東京の鉄道の黎明
東京の地下鉄(第一話)
東京の地下鉄(第二話)
新交通システム
私説・都市辞典
都市景観・美観論争